So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
TOP
※最新記事は一つ下にあります

近作
2017年6月18日

2015年5月3日


しょっぱい試合でした(汗)けどそれはそれ。ポーランド戦答え合わせ [けまり]

内容はこの上なくしょっぱい試合で勘弁してくださいでしたが、西野監督の大バクチが当たったと見れば万事OKです。

バクチは勝てば官軍、試合に負けて勝負に勝つとはこのこと。めでたいめでたい。

・・・はーーー疲れた。

ブログにスタメン予想記事書いたのとスタメン発表が同時ぐらいだったような気がするけど気にせず答え合わせします。

答え合わせ
ハズレのみ記します。

昌子→槙野:
マジかよ危なっかしいだろーと思ったら、本当に本当に危なっかしくて、最後まで目が離せなくなる劇場を演出してくれた立役者でした(オウンゴール未遂だけでなくイエローカードも二枚目もらったらフェアプレーポイントも大減点であわやくじ引き)。
乾→宇佐美:
これは想定内。一瞬のキレは良かったと思いますが、脅威を与える(=相手を2~3人消費させる)存在にはなれませんでしたね。もうひと皮むけないと。球離れ遅いですねやっぱり。
香川→酒井高:
宇佐美の分、守備的選手でバランスとったかな。でも守備目に振り過ぎてしょっぱい試合になっちゃいました。あと失点のマーク外したのはアカン。

感想
いや本当にコロンビアさんありがとう、セネガルさんごめんなさい。
敢えて勝因(?)を挙げるなら、前半で失点しなかったことと、0-2にならずに済んだこと。
コロンビアxセネガルが引き分け狙いの仲良しこよしになったら本当にアウトでした。

負けてる試合を時間稼ぎの球回しで終わらせるなんて初めて見ましたが、「そうする」と決めたことに対して長谷部をあのタイミングで入れたのは、完璧な采配だったと思います。
あの極めて微妙な状況で「監督が試合を "終わらせなさい" と言ってます。みんな言うこと聞いてね!」なんて恐ろしい決断を伝えるのに適任は本田でも香川でもなく、学級委員長の長谷部以外誰がおろうか。

そうなる前までの試合運びとしては…やっぱりトップ下を置いて、前でボールを捌くかDFを引き連れて道連れにする(その結果、乾や柴崎のフリー率が上がる)としないと、重心が前に行きませんね。
センターサークルからロングボール蹴るだけの柴崎は怖くない上、「こいつからボール奪ったらチャンス」と相手に晒している対象が香川から柴崎に下がったことで、危なっかしくてしょうがなかったです。

次はスタメンを元に戻すでしょうね。岡崎は心配。スーパーサブとしても無理な程痛んでしまったかも。

ただ、とにかく、予想だにしていなかった16強に残りました。
めでたい以外なんと言おうか。
トーナメント表を見るに地獄の山ですが(笑)、W杯に来たなーと実感できて面白いと捉えて楽しみたいと思います。

では。

P.S. ミリシタの1周年イベント、素材集め的に頑張らねばです
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。