So-net無料ブログ作成
検索選択
TOP
※最新記事は一つ下にあります

近作(と言っても1年以上前!)
2015年5月3日


オタク度判定テスト的なナニカ [ひとりごと]

どこだったか忘れましたが書評を見て、ついつい4巻までポチって読んでしまいました。

コンプレックス・エイジ


後からググって見た書評だと...たとえばこんな感じ

最近よく見かける「オタクあるある話」の中でもシリアス風味なお話です。
これはコスプレイヤーさんのお話ですが、どのジャンルにも当てはまるお話かなと。特に創作系に対しては。

自分が最初に見たところの書評では「リアルすぎて怖い」とか「痛々しい」とかそんな感じだったので興味を持って読んだのですが、これ、読んでどう思ったかでオタク度判定できそうですね。

こんな感じかな?

Q:読んでどう思ったか
1. 何の話だか分からない or キモい
2. ありそうで怖い
3. あるある(笑)
4. なんだ俺か

改行めんどいので即判定

判定:
1だった人 : 一般人
2だった人 ; 普通のオタク
3だった人 ; 重度のオタク
4だった人 ; 廃人

私が何番かは内緒です。

結局ネタばれを見て最終話の内容まで知ってしまったのですが、自分は残念ながら実力的にそっちに行くのは全然無理なので、その点では純粋に羨ましいお話です。
となると自分はどっち行くんだっけと考えてみると、引き際が見えてきて というか とっくに過ぎていて そういう意味で怖いまだ現役なのでわかんなーい。そんなお話です。

絵はかわいいですけど、自分を見るのが怖い方は心を強く持ってお読みください(笑)

ところで読んだ後で気づいたのですが、「読みきり版」の方も以前読んだことがあったことを思い出しました。その頃から気になってたのか自分。。。

おしまい。
余談。



なんでしょうね。
どんだけ怖い話かと思って身構えてたのに普通の話じゃんと思ってしまった時点で、ああもう自分ダメな人なんだなと自覚したですよ。


本当におしまい(笑)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。